アンティーク家具の情報をご紹介しています

アンティーク家具にダニや虫がいるってホント?

アンティーク家具にダニや虫がいるってホント? 外国から輸入されたアンティーク家具はデザインがかわいらしかったり、装飾が凝っていたりとマニアにはもちろんのこと、一般の人の目にも楽しく興味がひかれる家具といえます。
ただ、アンティーク家具はその古さゆえにダニやシロアリといった害虫にむしばまれているのではないかと心配になる人も少なくありません。
実際、そういった虫が潜んでいるケースもありますが、販売までに業者が洗浄を実施していますので、購入時には使用に問題のない状態に整備されているといえます。
ただ、古い木材が使われた家具であるという点は間違いありませんので、ダニやシロアリが巣を作りやすいということは確かです。
購入後にもできるかぎり清潔に保つことを心がけ、湿気や水分からも避けるように心がけるべきだといえます。
きれいに使用すれば、もともと質の高い家具ですので、現代の家具と同じように長く使い続けることが可能な家具だといえます。
興味があれば、購入することもよいでしょう。

和室に合うアンティーク家具

和室に合うアンティーク家具 今の時代の人達の家造りや部屋のコーディネートは、昔と比べると随分変化しています。
畳中心の生活だった頃は、足の付いたテレビ、卓袱台、セット販売されたタンスなど、昭和の時代を象徴するものでした。
その時代には、おしゃれな家具というような呼び方をするものはなかった筈です。
今は北欧家具のような自分で組み立てるものや、アンティークの家具が人気を集めています。
生活の為に必要だった家具が、今ではおしゃれなインテリアとして注目されているのです。
中でもアンティーク家具は、作りもしっかりしていて丈夫であり、何とも言えない風合いが魅力です。
洋室にはピッタリの家具ですが、和室であっても、カーペットを敷きアンティーク家具と上手く調和させている人は多いです。
それがチェストやテーブルであっても、その人の感性で部屋作りができます。
和室に会うアンティーク家具は、必ずこれというものはなく、部屋に上手く馴染んでいればいいのであって、年期の入ったサイドテーブルの上に、和風の茶器や花瓶を置いても素敵に違いありません。